フクロウを飼っていて大変だと感じたTOP3

大変フクロウとの生活情報

フクロウを飼っていて大変だと感じたTOP3

大変ベスト3

ペットを飼うっていうのはそもそも大変なことだと思います。
それを承知の上で飼育しているので問題はないのですが、
あえてOWLさんが思うところをあげるなら、以下の3つになります。

【1位:自分が病気になった時】

これにつきます(;’∀’)

風邪でもインフルエンザでもなんでもなんですが、
体調を崩すと毎日のお世話に支障がでます。
それでも何とか体を動かせるレベルならいいのですが、
以前、帯状疱疹というものにかかりました。これがやばかったです。
頭が痛くてものの10秒と立っていられない・・・、どこかで意識が飛ぶんじゃないかと恐怖を感じました。
立ち続けられないので、餌を捌くのも、数秒立ってちょっと捌いてしゃがみ込む、これの繰り返しでした。

病院の先生いわく「働きすぎです」とのこと。

収入を得るために働いているのが、いつのまにか会社の為に働いているという状態になると、危険かもしれませんね・・・。
入院するような事態になると、本当にお世話ができなくなるので、注意していきたいです(;’∀’)

【2位:フクロウが病気になった時】

これも大変ですね。なにが辛いかっていうと、他の犬や猫などの一般的なペットと違い、
症状に対する治療方法が確立されていない点です。

〇〇の症状が見られる→でも原因はわかりません

ということが多いです。なので、薬が処方されてそれで様子を見ることしかできない、というのがもどかしいです。

まだまだペットとして飼育するというなじみがないフクロウ。
フクロウの病気や治療法がこれからどんどん解明されていくことを願うばかりです。

【3位:泊りがけの外出が安易にできない】

これは、できなくはないのですが・・・。フクロウを預けられるフクロウカフェやショップ、病院などがあれば預けることはできます。

問題は、フクロウにとって普段と違う環境に預けられるというのは、かなりのストレスになるということ。

どうしても、一泊出かける必要があってフクロウカフェに預けて、翌日迎えに行ったら、『ホゥ!ホゥ!』と不満言いっぱなしでした(;’∀’)

せめて3歳くらいまで(フクロウの体が健康でしっかりしてくるまで)は、一泊以上の外泊は避けたいところです。

たぶん、会社で海外出張を指示されたら・・・転職するでしょうね(笑)

まとめ

いかがだったでしょうか(゜゜*)

全部飼う前から覚悟している内容ではあるのですが、実際に直面すると大変だな~と感じました。
自分が病気になる・フクロウが病気になる、という点は回避しようがないですからね・・・。

泊りがけの外出に関しては、遠出するのが好きな方には辛そうです。フクロウが健康で元気ならいけるのかもしれませんが、そうでない場合は、しばらく控える必要がありそうですね(゜゜)

一人暮らしはいつも危険と隣り合わせな気がする今日この頃です!(〇v〇)

コメント